情報はむやみに盲信してはいけない

私は真実が知りたく、信頼できるチャネラーさんのブログを読んでいますが、毎回素直に受け入れられるとは限りません。


確かにそうかもしれない
今は行動できない(受け入れられない)けどまあそうなんだろうな
これはどうなんだろう?
これはこの方の私感?


大抵は行動出来る出来ないにかかわらず「そうかもしれない」が多いですが、「私感なのでは?」と感じてしまうこともあります。
チャネリングメッセージはチャネリングする側のその時の精神状態等が大きく関係しますし、その分野の知識がなければ上手く訳すことができないそうです。
その方の個性のフィルターもかかってしまうので真実の100%を正確に伝えることができるチャネラーさんは皆無なようです。
また、そのチャネラーさんがより正確なチャネリングができるようになればチャネリング内容も変わってきます。


それだけでなく受け取る側も捉える解釈が人それぞれ異なるのでチャネリング側のメッセージの意味を100%受け入れられるとは限りません。
受け取り方によっては薬にもなれば毒にもなります。
凄いことや厳しいことが書かれている方が本物と思いがちですが、決してそんなことありません。
特に緊急的に恐怖を煽るような情報には要注意です。
だからこそむやみに妄信するのは危険だと思うのです。


何事にも言えることですが、どんな方の意見であろうと7割8割ぐらいにとどめておくのがベストではないか?と私は思います。
以前は信頼出来る方のブログ記事に振り回されることもありましたが、最近はあまりに違和感を感じたらその記事に関しては信じないようになりました。


これはチャネラーさんでなくてもどんなことにも同じことが言えます。
レイキも経験豊富なティーチャーさんであっても皆、言っていることがバラバラで「誰を信じて良いか?」と考えてしまいますが、今ではお世話になったティーチャーさんの知識よりも自分が一番しっくり来た知識を信じています。
レイキヒーリングに関してもその方の個性フィルタがかかってしまうので、どんなに経験豊富なレイキヒーラーさんであろうとクリアなエネルギーを100%流すことは皆無なようです。


また、肩書きや経験もまったく関係ありません。
公認(認定)という肩書き等を見るとつい信じ込んでしまい、自分がしっくり来なくても「これが正しいんだ」と無理やり信じ込もうとしたりすることもあるかと思います。
しかし肩書きや経験があるからと言って真実を言っているとは限りませんし、偽物だからまったく信じないと思う必要もないのです。


たとえば認定ファシリテーターさんと通常のファシリテーターさんとプラクティショナーさんではどれも肩書きは異なりますが、認定ファシリテーターさんでなくても勉強熱心で自分が信頼できる意見であれば私はそっちを受け取ります。
肩書きや経験にこだわらず自分がしっくり来たものであれば自分にとってそれが真実であり、それを受け取れば良いんです。
肩書きがあったり、経験が豊富でも説明がいまいちってこともありますよね?
発信者側の表現力に左右されることもあるので同じ意味でも違う意味に聞こえてしまうということも珍しくないと思います。


逆に「特に肩書きはないけどこの方の言っていることはなんか信頼できる、しっくりくる」と思えばそれを受け取れば良いのです。
チャネラーさんでなくても、精神世界に全く関係なくても、何の肩書がない方の発言がしっくりくるということもたくさんあります。


もちろん考え方が変わることもあるのでその時は考え方を変えたって良いですし、色々な方から良いとこ取りするのだってアリです。
良いとこ取りはちぐはぐになり、上手くいかないこともあると思いますが、矛盾に気付いたらまたその時に考えれば良いと思っています。


ただし色々なところから良いとこ取りするのであれば方向性を決めて良いとこどりすることをおススメします。
たとえば宇宙のルールと地球のルールでは真逆なことがほとんどなのでどちらかに方向性を合わせたほうが矛盾は感じにくくなります。
私も宇宙のルールを軸に情報を取り入れるようにしています。
もちろんその中でもなかなか受け入れられないこともありますが、そういう場合は「今は受け入れられない」としています。


宇宙は良い悪いの判断をしないのでデジタル的なイメージがありますが、地球はアナログ的なイメージがあります。
時には地球のアナログ的なことも必要だと思いますので上手い具合に取り入れられればと思っています(*^_^*)