The Space of Truth

派遣や仕事のことからスピリチュアル系まで・・・私なりの目線での真実を色々書いています。

派遣先で3年満了が近づき、直接雇用を打診されたが・・・

数年前から派遣社員は3年満了ルールが出来ましたが、その後に直接雇用を打診されることがある場合があります。


その際、直接雇用を望んでいたり、特に不満がなければ前向きに考えるでしょうが、悩むこともあると思います。

 


私も過去に直接雇用を打診されたことがありましたが、様々な理由から断りました。


その中で唯一、続けても良かったと思えた理由は仕事内容でした。


苦手な業務をお願いされることもあったので、そこは不満だったのですが、好きな業務に関してはやっていて楽しいと思えたからです。


しかしその反面、どこか物足りなさを感じたのです。


Accessをメインに使用してデータ作成する仕事ということもあり、IT系の派遣会社出身の方もいらっしゃり、私よりスキルのある方はたくさんいらっしゃいました。


しかしそれでも上長は私のスキルを高評価してくださり、次々とスキルのいる仕事も任されるようになったのですが、ある思いが芽生えていたのです。

 


どうせなら私の得意なスキルは苦手な方のために提供したい
他の方では気付かないことで職場に貢献したい
しかしこの職場ではそのチャンスはほとんどない
それだったら私の代わりなんていくらでもいる

 


OAのスキル以外にも他の方では気付かないことで提供できることはこの職場でもいくつかあったのですが、何か意見を言ってもすぐ却下される環境でもあったのでその点で提供しづらく、居心地の悪さも感じたのです。


当時はかすかに望んでいたという感じでしたが、今思えば「私だからこそ提供できることで貢献したかった」ということも理由の上位にあったのかな?ということに気付きました。

 


何を一番重要視しているか?はそれぞれだと思いますが、少しでも悩んでしまうのであれば直接雇用は断ることをおススメします。


一度その職場を離れることにより、新たな気付きが出てくるということもあります。


そこで「もう一度、前の職場で働きたいか?」という気持ちが沸き上がるかどうか?だと思うのです。


そもそも直接雇用を断ったからと言ってその職場に二度と入社出来ないわけではありません。


一定の期間を過ぎればどのような雇用形態でも入社出来ます。

 


タイミング良ければ派遣会社側から再び同じ職場からお声がかかることもあると思うのでその時に入社するのだってアリです。


もちろん直接雇用で同じ職場に入社するのだってアリです。

 


もしかすると断った理由の1つだったことが数年経過して改善されている可能性もあるかもしれません。


たとえば通勤の面で「もう少し近いところだったら・・・」という理由であれば在宅勤務が取り入れられるようになり、毎日出勤する必要がなくなっているかもしれません。


あるいは当時、天敵だった社員が人事異動等でいなくなっているかもしれません。


ちなみに私は退職の際、上長の名刺をいただきましたが、今のところ自分から入社したいという思いが沸き上がらないので処分させていただきました。

 


「悩むならとりあえずそのまま続けて働いたら?」という意見もあるでしょうが、ここは契約満了を上手に使って一度他の職場を経験した方が悔いは少ないと私は思います。


契約満了であれば派遣会社も優先的に紹介していただけるでしょうし、失業保険も早めに下ります。


特に20代、30代であればまだまだ可能性があるので早い段階で妥協するのはもったいないです。


私もその頃、30代後半ではありましたが、「まだ行けるだろう」という気持ちがありました。


正直、また一から仕事を探すということは面倒ではありましたが、転職を選択したおかげで望んでいたことがすべて叶い、高時給、好条件で働くことが出来ました(^_-)-☆

 


確かに直接雇用を打診されるということは「その職場に必要とされている」ということなのでありがたいことではあります。


しかしこちらにも選ぶ権利はあります。

 


派遣で働いている時よりも給与が下がってしまう、諸条件が良くない
直接雇用でも契約社員やパートではなく、正社員で働きたい
やはり派遣の方が気分的に楽
自分のスキルがきちんと評価されるよう、環境を変えたい
雇用形態関係なく、意見が言い合える職場で働きたい
自分だからこそ提供できることで職場に貢献したい

 


マイナス的な理由に見える理由もありますが、ほとんどの場合、理由は1つではないはずです。


たとえどんな理由であっても本人にとっては大事なことです。


次は自分が望んでいる職場で働けますように・・・

挨拶→パワハラという連想

google等で「挨拶」と入力すると下の方に「挨拶 パワハラ」と出てくることがあります。


一体何故このような連想が出て来るのか?と思い、調べてみると・・・


・上司が挨拶を強要してくる
・挨拶しても周りの上司や先輩が無視する

 


このように強要と無視のパターンがあるようです。


挨拶を強要する側がパワハラになるのか?無視する側がパワハラになるのか?


どこからどこまでがパワハラになるのかは何とも言えませんが、挨拶をしなかったりするのはその方が挨拶を重要視していないということがほとんどです。


とはいえ、「挨拶は基本」という考えと「挨拶にそれほど興味がない」という考え方の違いでもパワハラという話に辿り着いてしまうこともあるようですね・・・


もしくは挨拶無視されたと言っても単純に聞こえなかっただけというすれ違いが生じているということもあるかもしれません。


挨拶は礼儀とか常識という話は耳にタコができるほどよく聞きますが、だからと言って形式だけで対応すれば良いということではないような気がするのです。

 


怖い顔してぶっきらぼうに挨拶されたらどうでしょう?
仏頂面で渋々挨拶返されたらどうでしょう?

 


一流接客並みの挨拶までは求めていませんが、どうせするなら気持ちよくやり取りした方が良くないですか?


気持ちのこもっていない形式だけの挨拶は愛のエネルギーが感じられず、気分が悪くなります。

 


「何のために挨拶をするのか?」はそれぞれかと思いますが、礼儀や常識以外だと「お互い気持ちよく働くため」、「無視されたら寂しい」辺りがよくあるかと思います。


気持ちよく働くためには挨拶がすべてではありませんし、挨拶さえきちんとすればそれで良いという訳でもありません。


中には挨拶することが苦手な方もいらっしゃいます。


体調不良等で挨拶できなかったり、そういう雰囲気ではないことだってあります。


朝は声が出にくいという方もいらっしゃいます。


挨拶が苦手でも仕事が丁寧だったり、臨機応変に仕事してくださる方だっていらっしゃいます。


挨拶を無視することがあっても仕事を的確に教えていただけたり、質問にきちんと答えてくださる方だっていらっしゃいます。

 


「おはようございます」や「お疲れ様です」等の言葉にこだわらず、どんな挨拶の仕方があっても良いのではないでしょうか?


私は喉が弱く、声が出にくいことがあるのですが、とっさに声が出ない時なんかは軽く会釈して対応してしまうことは良くあります。


そんな時、相手が私の対応にどう思っているかはそれぞれでしょうが、ほとんどの方は理解してくださると信じています。


また、父が通っている施設では話すことが出来ない方がいらっしゃるのですが、その方は発声での挨拶の代わりに笑顔で握手をされているようです。

 


もちろん「挨拶無視されると寂しい」という考えは決しておかしいことではありませんし、私もそう思っちゃうことあります。


ちょっと子供っぽいかもしれませんが、「寂しい」と思う気持ちに大人も子供もありません。


そのようなこともあるので私は誰かと話している最中に挨拶された場合も極力、返すようにはしています。


「挨拶を無視されると寂しいという気持ち」と「挨拶が出来ない側の気持ち」の両方の気持ちを尊重し合えれば心地よい環境になるのではないでしょうか?

 

 

特に上長が挨拶を強要するような職場は人間関係がぎくしゃくしていたり、精神的に追い込まれ、体調不良や休職に発展してしまっていた職場に実際、出会ったことがあります。


そのような観点から挨拶→パワハラという連想が生まれてくる可能性はあるかもしれません。


挨拶しない=職場の雰囲気が悪いと連想しがちですが、そうとは限らないのです。


礼儀だろうが常識だろうが、何事も何かを強要されることは気分良くありませんし、気持ちよく働くこともできません。


もちろん挨拶しない=職場の雰囲気が良いという訳ではありませんが、挨拶を重要視していない方がそれほど規律は煩くない傾向にあるので職場の雰囲気はそれほど悪くないという可能性は高いです。

 


挨拶に関して否定的なことを書きましたが、確かに気持ちの良い挨拶をされると気分は良いです。


これは私自身、つくづく感じます。


何故、気分良くなるか?は気持ちの良い挨拶が出来る方は決して相手に強要しないからです。


自分が良いと思ってしており、相手に求めていないからこそ、嫌な雰囲気を感じないのです。

 


どこを重視するか?はそれぞれかと思いますが、私は挨拶は重要視していません。


ここまでハッキリ伝えてしまうのは女性では珍しいかもしれませんが、私は挨拶よりも大事なことは他にもあるという考えなのです。


仕事であれば明確に教えていただけたり、不明点を聞いたら親切に教えていただけるか?の方が実際、仕事をしていく上で重要だと思っています。

人間関係が理由での退職は伝えない方が良い?

どのような雇用形態であっても人間関係が理由で退職したとは言いにくいと思います。


結論から伝えますと退職理由は聞かれない限り、伝える必要はないと私は思います。


聞かれる場合、他に長く働いている職場があればそれほど突っ込んでこないかと思いますが、直近の職場とか短い職歴が多かったりすると色々聞かれる可能性は高いです。

 


昔、メール友達とのやり取りで「退職の理由が人間関係と伝えても構いません。理路整然と落ち着いて話せれば必ずわかってくれます」という話がありました。


本当に理路整然と落ち着いて話せるのであれば正直に伝えても良いと私は思います。


しかしその過去を引きずっていたりすると落ち着いて話すのは難しいです。

 


そこでどう対応するか?ですが、まずその職場での退職理由は本当に人間関係だけでしょうか?


私は人間関係も理由の一つだった場合、必ず他の理由もありました。


たとえば「自分が本当にやりたい仕事ではなかった」とか「社風が合わなかった」等・・・


本当はやりたい仕事ではなかったが、仕方なく決めたということもあるはずです。


たとえば収入の都合上、どうしても仕事に就かないといけなかった、スキルアップのために少々妥協してしまった、初めての派遣で断りづらかった等・・・


社風も自分の思っていたイメージと違ったとギャップを感じることもあると思います。


人間関係云々よりも「スキルアップ」、「もっと専門的に仕事がしたい」等を伝えれば良いのではないでしょうか?


社風も理由にしない方が良いという話も聞きますが、正反対な社風(体育会系か文化系等)の職場であれば正直に伝えてもそれほど問題ないと思います。

 


もっと言ってしまえばどのような理由で落とされたとしても「その職場はたとえ入社出来たとしても合わなかった」と割り切ってしまって問題ありません。


たとえば雑用をやりたくないがために「もっと専門的に仕事がしたい」と伝えたとしたら「うちでも雑用をお願いすることがある」となればもうこの時点でミスマッチですよね?


職場側でどれくらい頼まれるかにもよりますが、少しの雑用なら許容範囲であればそれを伝えればそれほど影響はないはずです。


後は派遣の場合であれば詳細な理由は一切伝えず、「期間限定」とするのもアリです。

 


ちなみに以前、「パワハラモラハラ等に遭うのは本質的にやりたい仕事をしていないから」という話を目にしたことがありますが、これは当たっていると思います。


ただ100%そうとは限らず、好きな仕事であっても人間関係の引き寄せにより、劣悪な環境に入ってしまうということも私の経験上あります。

 

好きで派遣社員をやっているとは限らない

昔、高校の同級生に「派遣だけは絶対に嫌だ」と言われたことがあります。


私は特に気にはしませんでしたが、「それ、本当は正社員で働きたいと思っている人が聞いたら怒るんじゃない?」と思いました。


派遣社員であっても直接雇用の正社員で働きたいという方はたくさんいらっしゃいます。


その理由が主に世間体であったり、安定を求めて辺りかと思います。

 


私は世間一般的な雇用形態とか学歴等に興味がなく、気にしたことがありません。


父も母も自分の好きなことで仕事しており、私が小学校入学と同時に父は独立し、母も父の仕事を手伝うことになったという感じなので家庭環境の影響もあると思います。

 


雇用形態問わず好きな仕事をやりたいか?
好きな仕事でなくても安定性のある正社員として働きたいか?
稼ぎは最低限で良く、自由時間を大切にしたいか?

 


この辺は価値観の違いですよね・・・


私の父はパーキンソン病を発症してからも10年以上、仕事を続けてきましたが、病気が悪化して仕事が出来なくなり、「好きだった仕事が出来なくなった」ということが一番ショックだったようです。

 


私は正社員で働くということの方が考えられなくなりました。


確かに収入面では派遣社員より安定しているので機会があれば派遣社員から正社員という考えを持っていたこともありましたが、年齢が上がるにつれ、正社員は縛られることが多く、縛られることが嫌いな私には耐えられないと感じるようになったのです。


とはいえ、派遣社員でも時給制で働いているので時間に縛られていることに変わりありませんが、正社員よりは自由なのかな?と感じています。


また、雇用形態関係なく、在宅勤務が出来るようになり、好きな時間に働けるような職場も出てきたのでそのような職場が理想です。


正社員よりも不安定ではありますが、その正社員であってもどうなるかわかりません。


実際、最初に挙げた同級生も入社して2,3年ぐらいした頃に会社が倒産してしまい、それほど興味のない業界に転職したとのことでした。


特に最近は終身雇用の時代ではなくなったのでどのような雇用形態であっても1つの仕事に固執するよりも自分の特技を生かして複数の仕事を掛け持ちする方が精神的にも経済的にも安泰かもしれません。

仕事が見つかるのはスキルも年齢も関係ない

よく「indigohealerさんはOAスキルが高いからすぐ新しい仕事見つかるでしょ?」と言われることがあります。


ハッキリ言って全然そんなことありません。


毎度のように仕事探しには苦労しており、何ヶ月も仕事が決まらないなんてざらでした。

 


私もスキルの高い方に出会うと同じようなことをつい言ってしまうことがあったのですが、どんな方であってもすぐ決まるとは限りません。


そもそも職場側が求めている必須スキルや求める人物像等に合致していなければスキルがあろうと何だろうと関係ありません。


必須スキルが入力程度で良い仕事であればOAスキルの高い方は必要ありますん。


もし入力程度の職場にOAスキルの高い方が入られた場合、「それじゃあもっと高いスキルが必要な業務を振る」となればまだ良いかもしれませんが、そうでなければ物足りなさを感じ、長く働かないうちに契約終了ということもあります。


中にはスキルがあっても入力オンリー等の仕事が好きという方もいらっしゃいますが、そこのアピールがないとやはり相応のスキルの方を選ぶと思います。


職場側としては短期契約ではない限り、なるべく長く働いて欲しいはずなのでそれを避けるためにもよりマッチしたスキルの方を採用することも珍しくありません。


これはOAスキルに限らず他のスキルにも言えることです。

 


年齢についても同様です。


年齢が若い方が早く仕事が見つかるという話をよく聞きますが、私は若い頃の方が見つかりにくく、30代半ばになってからの方が見つかりやすかったです。


派遣は即戦力ということで経験がある方が有利になるという点で以前より見つかりやすくなったというのはあります。


ある程度経験があった方が顔合わせで話も弾むのでその点も関係していると思います。


若くて可愛い子を求めている職場もあるかもしれませんが、まず職場側でお願いしたい仕事をこなせなければお話になりません。

 


以前、「派遣は35歳定年説は嘘?」という記事にも書きましたが、年齢が高いからと言って不利になるとは限りません。


年齢が高い=高スキルが必要とは限らないからです。


それほどスキルのいる仕事でなくても職場の平均年齢が50代であれば20代の方よりも40代以上の方が有利です。

 


「年齢が上がって仕事探しに苦労しないよう、常にスキルアップする」とか「ヒューマンスキルが大事」という言葉にフォーカスしがちですが、これらの言葉に影響されてはいけません。


若い頃の私もそれらの言葉に惑わされ、「ヒューマンスキルに自信のない私はスキルの幅を広げるしかない」と思い、スキルの幅を広げようとしましたが、勉強は長続きせず、自分のモノになることはありませんでした。


本当に自分の好きな分野でない限り、勉強していても楽しくありませんのでその点で勉強が続かなかったのです。


もちろんスキルの幅を広げる目的であっても本当に好きな分野に巡り合える可能性もあるのでその分野の勉強が本当に楽しければ年齢関係なしに継続していくことにより、いつか仕事に結びつく可能性はあります。


仕事とは自分の得意なことや好きなことを提供することです。


好きなことであればその分、良いエネルギーも乗っかるのでお互いにとって良いことなのです。