「正社員になりたいから」という理由の転職は失敗しやすい?

「正社員になりたいから」という理由で派遣を辞め、別の職場に正社員として就職される方をたまに見掛けます。

以前、その後任で私が入社(既に前任者は退職済みでしたが・・・)したのですが、何とその前任者の方、1年もしないうちに正社員として入社してきたのです。

実際転職してみてやっぱり元の職場の方が良かったとかあったのかもしれません・・・

正直、前任の方が戻ってきたというのは後任で働く立場としては頼もしい反面(このとき、機能しない上司が居たので・・・)、少々複雑な心境でした。

 


また、以前は派遣で働いていたという正社員の方とお仕事したこともありますが、その方も私が退職する際、「こんな給料の安い会社に直接雇用に入る人なんていない。みんなもっと条件の良い会社に行っちゃうわよ」と愚痴をこぼされていました。

正社員の方が職場にそこまで不満を持っていたとは・・・と思いました。

 


確かに正社員はボーナスもらえる、退職金もらえる、交通費出る、安定面等・・・あらゆる面で魅力的かも知れません。

特に一番は安定面かと思いますが、安定という理由だけで転職されるとほとんどの方は後悔するようです。

正社員になったことで一安心していてもゴールはそこではないんですよね・・・

「正社員になった」という願いが叶ったのは良くても、その職場で「自分がどういう仕事をしたいか?」、「自分はその職場でどんなことが出来るか?」等を考える方が大事ということですね。

他にも自分に合っている職場選びも大事です。

どんな方でも自分に合う雰囲気、合わない雰囲気があり、雰囲気が合わないとなるとその職場で自分の能力が発揮できないということもあります。

 


折角、正社員で入社してもその後が上手く行かなければお話になりません。

どこか妥協をしてしまうとなるとこの先、もっと苦しくなり、最悪、また転職という可能性も出て来ます。

あちこちの職場を転々としたいとか、ある一定の期間で働きたいのであれば話は別でが、正社員を希望されている方は安定的に働きたいという理由がほとんどだと思います。

 


これは家を出て一人暮らしをすることも同じではないかと思います。

自立のために実家を出て一人暮らしを始めてもその一人暮らしの生活の中で「どんなことを楽しみたいか?」等がないと「こんなつもりじゃなかった」と思うことが増え、辛くなってしまうこともあります。

それだけでなく、一人で暮すとなるとある程度のお金も必要です。

自立という将来の不安からの目的(一人暮らしは自立よりも独立という言葉の方が合っていますが・・・)よりも「一人暮らしでこんなことを楽しみたい」ということを見いだすことが出来る方がその後も上手くいくようです。

 


とはいえ、何事も「その後どうしたいか?」等を次々と考えるのは難しいですよね・・・

私も次々と考えることは得意ではありません。

失敗や後悔は出来ればしたくないですが、失敗や後悔からしか学べないことだってあるのでマイナスと捉える必要もないんですよね。

・・・ってこれも難しいですよね^_^;

 


最後に水を差すような話になりますが、どんな会社であろうと正社員だから安定という時代ではないんですよね・・・

今は大きな会社だって倒産していますし、終身雇用の維持はもう難しいという話をよく目にします。

最近では非正規社員でも退職金を出す等、正社員に近い条件にするという話が出ていますので雇用形態にこだわっての転職はあまりメリットがないのかも知れません。

だからこそ自分の得意なこと、好きなことを活かせる仕事、そして自分に合う環境を重視に仕事を選んだ方が色々な面でメリットがあるかと思います。